老後ビンボーから抜け出すプロが教える3 つの秘策

老後ビンボーから抜け出すプロが教える3 つの秘策

先日非常に興味深いTV 番組を見ました。
それは65 歳で退職した後、年金生活を始めると確実に老後ビンボーになって
しまうというものでした。
65 歳の夫婦が1 ヶ月に必要なお金は25 万円なのに対して、厚生年金でもらえ
るお金は20 万円しかなく、普通に暮らしていくと確実に5 万円文の不足が出
てしまうというものでした。
そしてその5 万円の不足分を補うために、貯金を崩さなければなりません。
退職後の貯蓄額は平均で800 万円とのこと。
しかし毎月5 万円を下ろしていくと、10 年と少し経てば貯蓄は0 になり老後ビ
ンボーになってしまうとのこと。
考えただけでも恐ろしいです。
しかしその番組ではきちんと対処法を解説していました。
ここではその3 つの対処法をお伝えしていきたいと思います。
最後にメルマガを行う上で必須のリスト集めに非常に役に立つ「リストが勝手
に集まる無料システム」をプレゼントさせていただきますので是非利用してみ
てください。

最も単純かつ簡単な解決法は、65 歳で定年になった後も働くというものでした。
現在日本には約3200 万人の高齢者(65 歳以上)がいるようですが、その中の
600 万人超が現在も働いているとのことでした。
下図は厚生労働省の調査結果になります。

 

老後ビンボーから抜け出すプロが教える3 つの秘策

 

確かに65 歳以降も働いているのがよくわかります。
ちなみに65 歳以上の就業者の業種トップ3 は
1.清掃員
2.タクシー運転手
3.警備員
だそうです。

 

最近ではアルバイトに年齢制限を設けていない企業も数多くあるのだとか。
有名なマク○ナル○もその1 つのようです。
実際に全国で3400 人の高齢者がアルバイトとして働いているそうです。
このように老後も働くことによって生活費を稼ぐことによって老後ビンボーを
脱することができるようです。
ちなみに高齢者にどれぐらいの年齢まで働きたいかという調査を行ったところ、

 

老後ビンボーから抜け出すプロが教える3 つの秘策

 

というように、65 歳を過ぎても働きたいと思っている高齢者は7 割以上もいる
ようです。
働くことはボケ防止にもつながりますし、お金も入れば一石二鳥なので、元気
なうちは働けるところで働くのが老後に裕福な生活を送るのに最も効果的な方
法であるようです。

地方都市に移住する

2 つ目の方法は地方都市に移住するという方法です。
地方都市と言っても田舎暮らしをするという意味ではなく、それなりに発展し
た地方に移り住むということです。
現在、退職者にマイホームを持っているかどうか調査したところ、実に90%近
くが持っていると答えたそうです。
そのため、なかなか地方に移住するというのは考えの中にないようです。
しかしマイホームを持っているということはそれだけ維持管理費が必要になる
ということです。そうなればなかなか年金だけでは苦しいのも現実なようです。
おすすめの移住先として「札幌」と「那覇」のマンションが挙げられていまし
た。これらの都市が勧められていた理由は、やはり物価の違いが大きいためで
す。
東京では1 ヶ月の平均的な生活費は約32 万円であるのに対して、那覇と札幌
では約23 万円と9 万円も安くなっているのです。
つまり地方都市に移住するだけで貯金を崩さず暮らせる可能性があるというこ
となのです。
那覇や札幌は地方と言ってもそれほど田舎ではなく、わりと発展しているとし

なので、不自由のない生活はできるようになっています。実際、那覇のあるマ
ンションでは約43%の住民が県外の人というところもあるようです。
老後ビンボーにならないためにも、これ

リンク

血糖値を下げるのに効果的な食品、または血糖値の上昇を抑制するのに効果的な血糖値が正常値を超えて、健康診断などでひっかかり、気になっている方が年々増えていっています。血糖値を下げるお茶と聞いて、皆様はどういった茶葉をイメージされるでしょうか?血糖値の改善に効果が期待できる茶葉は、古くから漢方薬の原料などとしても利用されており、今では様々な茶葉が確認されています。